丹波篠山 むつみ農園       


丹波篠山産 丹波栗丹波篠山のお茶丹波の黒豆(丹波黒)やまの芋
イベントブログ篠山市公式 ホームページ大国寺
生産者のご案内お問い合わせホーム
日本遺産の街 丹波篠山へようこそ

丹波栗
全国に有名な丹波栗、大粒でおいしくて古来から朝廷や将軍に献上された記録が多く残っています。

丹波栗は 「銀寄 ぎんよせ」 という栗樹が代表品種です。
多くの果樹と同様に栗も異なる品種と一緒に栽培しないと多く実を結びません。当園では 「筑波」「美玖里」といった品種を混植しています。

「銀寄(ぎんよせ)」 という栗の品種の名前の由来をご存知でしょうか?
江戸時代の昔、大阪や京に丹波栗を出荷したところ、よく売れて銀札(江戸時代の紙幣)がいっぱい入ってきたからその名がついたといわれています。
参考に丹波国篠山藩(藩主、松平、青山公六万石)の銀札を載せておきます(実際にこの銀札が入ってきたのかどうかは知りません)。。


 丹波篠山藩札 五匁銀札   銀寄栗 4L
丹波篠山藩銀一匁札       丹波栗(銀寄3L) 38グラム相当

2014年 丹波栗品評会「JA丹波篠山組合長賞」受賞
2015年  丹波栗品評会「兵庫県果樹研究会長賞」受賞
2017年 丹波栗広域(兵庫京都)品評会「JA丹波篠山組合長賞」受賞

2018年 丹波栗広域(兵庫京都)品評会「兵庫県丹波農業改良普及センター所長賞」受賞

銀寄・筑波・美玖里 3品種混合(画像) 3L特選

令和3(2021)年

 
剪定を始めました 1月21日
栗の剪定は冬に行います。栗は日光があたる部分にしか実がつかないため、
光がなるべく多くの面積に当たるように、樹高を抑え横に枝を伸ばし、隣の樹との間隔を開け、
実が成る枝と枝との空間を確保し、最後に結果母枝(今年実をつける元枝)の数を整えます。
同時に病害虫被害や虫卵の有無を確認し処理しておきます。
1年のうち収穫量や品質を左右する一番大切な作業です。


2020年(令和2年)

 
今年は少し小ぶりでしたがたくさん採れました。
今年も残暑の影響か収穫期が通年よりも遅くなり出品できませんでした。


9月24日 やっと収穫時期に入りました
巷では、今年は8月の高温が影響してか小粒傾向といわれます


8月20日 ↑


2月1日 剪定が終わりました。剪定は栗を生産するうえで最も重要な仕事です。
樹高を抑え、樹間間隔を十分にとり、日当たりや風通しを良くするために
不要な枝を切り取り、栗がなる枝(結果母子といいます)を制限します



以下、2019年(令和1年)↓

今年は収穫時期が大幅に遅れてしまいましたが、大きな良い栗がたくさん採れました。
画像は2019年10月9日真っ盛り、例年ならとっくに終っているところです。


9月になり早生種(丹沢等)が採れ始めました(画像9月9日)


令和1年8月18日
ずいぶんと大きくなりましたが(筑波)あと一月くらいですね


令和1年7月24日↑
この樹(銀寄)は当園では最南に位置し昨年もたくさんの実を
生らせていたのですが、昨年は台風でたくさん落果してしまいました。
今年は大丈夫でありますように

 
令和1年(2019年)6月29日
画像の樹は2013年春に植樹したもの、品種にもよりますが10~20mmくらいのイガになっています
この春は、暖冬で経過し春先4月に冷え込み、凍害がたくさん発生しました。
凍害にあった樹は抵抗力が低下するので、病害虫に侵されやすく気を付けてやらねばなりません。
春先のクスサンによる害虫被害はほとんどありませんでした。
害虫被害状況はその年によって大きく異なるのは不思議な現象です。

2019年↓

 
剪定を終えました 2月7日 画像 銀寄7年樹
2013年に植えた樹は大きくなってきて、隣接樹との間隔を空けるように、
間伐樹は縮伐しなければならない樹が出てきます。
また主枝は7-8年も経てば大きくなり取り去り芯抜きします。
樹高も3.5m超になってきます。低位の横枝を伸ばしながら、
全体の樹形をお椀を伏せたような形にしていきます。
ナギナタガヤは冬に育ち青々しています。

2018年 ↓

やっと筑波が採れ始めました 9月17日 今年は遅れています
例年は今真っ盛りの収穫時期ですが、9月は晴れの日が少ないからか未熟果が目立ちます


9月6日 台風21号は篠山では被害が少なくよかったです。台風の中心からほんの少しだけ西側だったことが幸いしました。
早生栗が落ち始めました(画像上)。

8月24日未明の台風20号の暴風でたくさんのイガが落下してしまいました。特に南に面した気に被害が著しく
少なくとも20-30個のイガがついていた5年樹は、台風が去った後、5個しか残っていませんでした。
ほかにも大きな枝が何本も折れました。自然災害は厳しいです。


2018年7月23日 銀寄


2年目の幼木、なぎなたがやが倒伏しマルチになっている、草刈りをしなくて済むのでグッド!
6月25日

 
左:栗の花がたくさん咲きました、手前の樹は4月10日に接ぎ木をした樹 もうこんなに大きくなりました
右:数個の雌花(↓)に対して無数の雄花(白)、動物の世界と同じ
撮影 2018年6月8日: 梅雨入りし鬱陶しい毎日です。

 
2018年4月26日 ↑ 新緑の季節です
 
今年も栗は剪定から始まります。画像は2013年に苗を植えた銀寄です。
昨年と同じ樹ですが、真逆から撮影しています。一年たつと枝が伸びとても混雑しています。
樹高も高くなっています。主枝や亜主枝を横に広げつつ、結果させる枝に対して影を作る枝や
樹幹に光が射すように邪魔な枝を除きます。樹高は3.5mに抑え樹形は台形に、大きな実を成らすように
結果母枝の数を制限します。銀寄は生理落下が多いため筑波種よりは多い目に残しています。
今年は6本/㎡にしました。 2018年(平成30年)2月4日

---------------------------------------------------------------------------------

 
9月20日 中生種の最盛期に入ります 画像は「つくば」 ↑

9月3日 早生が採れました 画像は「丹沢」 ↑

7月29日 ↑
銀寄 イガ 7月初旬 筑波 イガ 7月初旬
雌花に小さなイガが結果しています 左:銀寄 右:筑波 7月1日
これから9月にかけてが養分の吸収が激しくなる時期になります

銀寄 5月 
5月27日: 新梢が伸び花が咲く準備をしています(銀寄)
下草はナギナタガヤを植え草生栽培しています


銀寄 剪定前 2月  銀寄 剪定後 2月
画像は丹波栗(品種:銀寄(ぎんよせ) 5年生樹です、(後方樹の品種は筑波)
2月に品質の良い栗を作るために樹形を整え剪定を行います。(2月25日)
左: 剪定前        右: 剪定後
 樹高を制限し肥培管理をしやすくする、
結果数を制限することで大きな品質の良い栗を作る。
枯れ枝を取り除き樹幹内部にまで光や風を届かせることで病気を防ぎ樹を健全に育てる
直射日光が当たる樹冠面積を増大させ増収効果を得るなどの効果があります。


Copyright © 2017 MUTSUMINOUEN All Rights Reserved.